ホーム » 未分類

未分類」カテゴリーアーカイブ

メリット、デメリット

シェアハウスのメリットは人との結びつきが強まる、賃貸料が通常のアパートの物件と比べて安い、家具が要らないので助かるといったことがあるでしょうし、敷金礼金なしというのも、金銭面においては大きなメリットでしょうからシェアハウスの部屋探しをする人が増えているのです。また、人との結びつきという点で重複しますが、外国人が多く利用するという事から、英会話を始めとする外国語を学べます。日常会話がお手の物になるかもしれません。こういった異文化コミュニケーションも大きなメリットでしょう。

反対に、残念ながらもデメリットもあります。同じ部屋の人と合わない(冷たくされる、しつこくされる等々)といったことがあるでしょう。でも、人間同士が同じ空間に集まるとトラブルが起こらない方が珍しいくらいですから、仕方のないことでもあります。そういった場合はシェアハウス間の移動もできるようですから、その方向で考えてみても良いでしょう。また、外国人は生活習慣の違いから、一緒の生活が無理と思う場合もあります。こういった時も、シェアハウス間の移動という特典を使って乗りきれるでしょう。

こうしたいくつかのデメリットは考えられますが、こういったことは人間観を養うのには良いことなのです。将来、役に立つ可能性がありますから、よく考えてデメリットもメリットに変えられるような広い心を持ちましょう。そうしたことで、人との絆が深まり、いざと言う時に助け合える仲間になるでしょう。

シェアハウス特徴

シェアハウスがはびこってきたのは、2011年の東日本大震災の後です。あの大きな震災で不幸にも家族を失ってしまったという悲しい経験をされた方も多かったためか、人とのつながりを求める若者が増えて来ました。その他にも合理的なシェアサービスが増え、テレビやメディアでもとりあげられましたし、シェアハウスをテーマにしたテレビドラマも人気でした。そんなところから、じわじわと人気が高まってきたのがシェアハウスです。人と共有して生活するというのがシェアハウスの大きな特徴です。

大抵のシェアハウスにある共有スペースもまた大きな特徴です。キッチン、トイレ、シャワールームが共有となっているところが多いようですが、その他にも大型スクリーンがある、特徴ある内装やデザイン、キッチンスタジオ、フィットネススタジオがある、防音室があり、楽器の練習に使える等、様々なシェアハウスならではの特徴があるようです。こういったことを踏まえ、シェアハウスに住みたいと思い、シェアハウスの部屋探しをするといった地方の人、外国人等、増えているとメディアでも取り上げられ、話題になっています。こうした現状を見ますと、人とのつながりは薄れていないようで、シェアハウスで知りあって大親友になった、恋人同士になって結婚したなどという微笑ましいこともよくあるようです。シェアハウスはしあわせをシェアする家なのかもしれません。

参照→DK HOUSE

シェアハウス部屋探し

就職等で地方から東京に上京する場合、部屋探しをしなければならないでしょう。とはいえ、東京の家賃の相場は高いです。上京したばかりとなれば、それほどお金に余裕があるわけではないでしょう。中には親の反対を押し切って、夢のために上京するという強者もいるかもしれません。しかし、そういう人に限ってお金がないのです。

最近は、そういった人に人気の物件があります。シェアハウスです。シェアハウスは、その名のとおり、他人と一緒に住むと言う物件です。人と一緒だからこその特典は、多々ありますが、一番の特典はその家賃の安さでしょう。通常の都会での家賃と比べますと、かなり安いです。(家賃と共益費のみです。)シェアハウスは敷金、礼金、仲介手数料はなしです。さらに連帯保証人もいりません。そして、家具家電付、契約料は初回だけのお支払で良いようですし、インターネットとも無料で使用できます。さらにシェアハウス間の移動も可能ですし、最短1ヶ月から契約できます。

ライフスタイルに合わせてお部屋のタイプを選べるのも嬉しいところでしょう。どのようなタイプがあるか、挙げてみますと一人用のタイプ、2名でシェアするタイプ、4~8人の合部屋タイプ、寝台列車の個室のようなタイプ、広めの空間を仕切るタイプ、完全プライベートのタイプ(シャワー、トイレ付なのはこのタイプだけ)があります。当サイトはこうしたシェアハウスの特徴やメリット、デメリットをお届けいたしますので、ご興味のある方はご参考になさってください。